Q&A よくあるご質問

SNOW

question1

太陽光発電とは

太陽電池を利用し、太陽の光で電気を作ります。
作った電気は御家庭で使用し、使い切れずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。
災害等で、停電になった時でも、非常用電源として電気を使う事ができます。
また、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しないので、環境にも大きな貢献をします。

question2

電気は売れますか?

発電した電気はまず家庭で使用し、余った電気は電力会社に売る事ができます。
夜間や、発電した電気が少ない場合は、電力会社から足りない分の電気を買って使用します。
電気の売り買いは自動的に行います。

question3

蓄電できますか?

太陽電池やパワーコンディショナ自体に蓄電能力はありません。
ただし、蓄電設備を別途設置する事により蓄電が可能となり、夜間も自然円エネルギーを有効に使う事ができます。

question4

南向きでないと設置できないのですか?

設置方位としては、もちろん南向きがベストですが、真東や真西でも真南と比べても 約85%の発電量が見込めますので充分適していると言われております。
真北については真南と比べて約50%なので注意が必要です。

question5

くもりや、雨の日は発電しますか?

くもりや雨の日は発電量が少なくなりますが、電気が使えなくなることはありません。
不足分の電気は電力会社から買って、太陽光発電からの電力と一緒にして使います。

question6

どんな屋根に設置できますか?

一般的な住宅の屋根であれば,きちんと工法を選べば設置できます。
ただし、家屋の状況によっては設置できない場合もございますので、御相談下さい。

question7

設置に必要な面積は?

例えば、4KWシステムを設置する場合で、約25~40㎡が必要です。
ただし、屋根の形、材質によっても変わりますので、御相談下さい。

question8

海岸地域でも設置できますか?

塩害による機器への影響を考慮する必要があります。
メーカーによって塩害に対応したパネルもありますので、御相談下さい。

question9

機器の寿命はどれ位ですか?

パネルは20年以上、パワーコンディショナは10~15年と言われています。パワーコンディショナは、設置後10年程度で1度点検をし、必要に応じて部品交換や機器の取替をお勧めしております。また、機器の保証がメーカーによって異なりますが、10~15年付いております。

question10

お手入れ、メンテナンスは?

ごみやほこり等が太陽電池パネルの表面に付けば、発電量は数%ダウンする事もあります。
ただし、日本場合は定期的な降雨や、風で洗い流され、ほぼ元の能力に回復すると言われています。
ですから安全面からも屋根に登って日常的な掃除をする必要はほとんどありません。
ただし、発電設備に関しては、4~5年に1回程の定期点検をおすすめします。